“Take This Waltz”

2012/11/13 § コメントする


「マリリン、7日間の恋」を見てから、ミシェル・ウィリアムズがちょっと気になりだしたので、こちらも見てみました、「テイク・ディス・ワルツ」。

なんというか・・・思ってた映画と違った。笑
恋愛ものかな〜と思って見ていたら、既に結婚しているミシェル・ウィリアムズとセス・ローゲン+ルーク・カービー。
私はルークが好きだな。

最後はダニエル(ルーク)とくっつくマーゴ(ミシェル)だけど、それも結局飽きてしまって、結局はどこにいてもなにをしても、最初の刺激は薄れてしまってお互いに慣れてしまって、また色褪せてくる、というどうしようもない感がありました。

サラ・シルバーマンがいい味出してましたね。

アメリカ版サイトの方がおしゃれ。

“Carnage”

2012/11/12 § コメントする


邦題「おとなのけんか」。
ロマン・ポランスキー監督作品。

左の夫婦と右の夫婦が繰り広げる、言い争い。
ことの発端は、子ども同士の喧嘩で怪我をさせた側の親が謝りに来て、丸くおさめましょう、ということだったのが、エスカレートしていくもの。
場所はこの夫婦のマンションの部屋の中だけだし、終始言い争いなだけでこういうコメディあまり面白いと思わず、なんだかなぁ、な映画でした。

でも俳優たちはさすがに上手いので、そういう意味では面白いのかも?

Damages Season 5

2012/11/08 § コメントする


今更ながら、DAMAGESのシーズン5を見ています。

シーズン5で最後なんですね、このシリーズ。
残念だな。。。
やっぱりストーリー展開がすごく良いし、なによりもエレンが好きだー!笑


可愛いなぁ、Rose Byrne。彼女、オーストラリア人で、インタビューなんかは豪州アクセントの英語を話しているのに、ドラマや映画では完璧な米語なんですよね。最初わかりませんでした、オーストラリア人だなんて。

本当に、脚本がよかったので終わってしまったのが残念です。
まだ見ていない方はぜひ!
DVDサイト

“My week with Marilyn”

2012/11/08 § コメントする


「マリリン、七日間の恋」やっと見ました。
マリリン・モンローが”The Prince and the Showgirl”という映画の撮影でイギリスにやってきていて、その映画のアシスタントであるコリン・クラークがマリリンと過ごした七日間を、コリンの日記を元に描いたお話。


私はマリリン・モンローが結構好きなので(これ↑は本人)、映画の最初の方はどうも劇中の「マリリン」がミシェル・ウィリアムズにしか見えず、これ見るの失敗だったかな・・・と思っていたのですが、もうねえ!!途中から!!!マリリン・モンローにしか見えなくなりました。笑
いや〜すごいわ、ミシェル・ウィリアムズ。
私もコリンと一緒になって、マリリンに恋しましたものね、この映画の中の。

何度結婚しても、どの夫ともうまくいかず、何かあるたびにコリンを頼ったりして、もちろんコリンは恋人でもなんでもないしすごく若いから、全力で優しい。そうやって自分のことを純粋に好きなコリンを振り回すマリリン。コリンせつない・・・けど、どストライクな映画でした。

マリリン可愛い・・・

Where Am I?

I Heart Hollywood11月, 2012 のアーカイブを表示中です。