“Midnight in Paris”

2012/05/10 § コメントする


Woody Allenの、Midnight in Paris。
結構好きだわ〜。パリも大好きだし。出だしの5分、見てるだけでだいぶ癒されます。

最近、映画の趣味が少し変わってきたようで、昔はこういう映画は楽しくなくて、大爆発!アクション!ロマンス!どーん!!!(?)みたいな映画が好きでした。
私も大人になったのね・・・(感涙)

さて、冴えない台本作家のギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)が、婚約者(レイチェル・マクアダムス)とパリに旅行に来ます。
ギルは仕事でうまくいっていなくて、パリに住んでたらどんなにいいか、なんて思いながら街を散策したりする。そんなときに、見知らぬ人たちに誘われて、車に乗ってみたらタイムスリップして、なんとギルがいつも憧れていた1920年代に来てしまうのでした。

ヘミングウェイやピカソも出てきて、クスッと笑える場面もちらほら。
しかも役者が似てる!笑

2010年から来たギルは「1920年代に生きていればなぁ!もっとエキサイティングで面白かっただろうに。」と思っていて、ギルがタイムスリップした先の1920年代で出会った女性(Marion Cotillard)も、「1890年代に生きていればなぁ!もっとエキサイティングで面白かったでしょうに。」と思っていて、二人で行った1890年代では芸術家達は「ルネッサンス時代に生きていればなぁ!今の時代はクソッタレだ。」と思っていて、みんな昔の方がよかったはず、と思っている。
それに気付いたギルは、2010年に戻って人生を変えようと思うのだけれど、これっていつでもどこでもそうなんだな、と思いました。
映画みたいにタイムスリップ出来るわけじゃないからね。
現代を満喫せねば。

5月26日公開なのか。。。
公式サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

I Heart Hollywood で「“Midnight in Paris”」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。