“Killers”

2010/11/26 § コメントする

南フランスで出会ったジェン(キャサリン・ハイグル)とスペンサー(アシュトン・カッチャー)。
二人は恋に落ち、めでたく結婚。
でも実はスペンサーはスパイで・・・

という、ある種のドタバタラブコメ。

ニースでのシーンは景色もきれいですし、よいと思います。

もうちょっと二人のデートシーンや、結婚に至る過程が描かれていてもよかったのかな、と。出会ってあっという間に結婚してました。笑
そして、別にスパイ映画というわけでもないので、戦闘シーンやスパイとして動き回るシーンとかが、ちょっとお粗末かなぁ。

で、キャサリン・ハイグルなんですが、もうきっとテレビには出ないんでしょうね。
でも、彼女の出演作は、どれを見ても、「イジー」に見えます。

イジー・スティーブンス。もうグレイズ・アナトミーには出ないそうで、イジーとアレックスのお話の確定的なエンディングはないんだとか。

こういったラブコメに立て続けに出演しているということは、アニストン、またはキャメロン・ディアス路線なんでしょうね。
「なに見てもレイチェルに見える」という点では、アニストンに似ているのかな。
アニストンは、断然それを上回る魅力があると思うので、彼女の出演作はどれも必ず見てますが。。。笑

キャメロン・ディアスは、世代交代、という意味でもいいんじゃないですかね・・・

と、キャメロン、アニストン、について書いてみて思ったんですが、私は断然、この二人の方が好きだなぁ。
性格が顔に出ている?というか、いかにいい人か、いい友人か、っていうのを他の俳優たちも語っているから?インタビューで喋っているとき、話が面白くて本当に面白い人っぽいから?
とまぁ、いろんな理由がありますが、ハイグルさんは、なんだかその点いまいち。

DVDでもいいんじゃない→キス&キル公式サイト

広告

「アバター」

2010/11/26 § コメントする


アバター、ブルーレイで見ました。
すっごいきれいだったのはよかったんですが・・・

とにかく、長い。
最初の、主人公(人間)が青い人たち(もう名前忘れたw)に溶け込んで仲良くなる、という部分が長すぎるかな。
後半の、戦争の部分は、ハリウッドっぽく迫力もあり、よかったと思います。

でも、ずっと思っていた疑問が。


右が、主人公。左が、いわゆる恋に落ちる”お姫さま”。
これ、いくらなんでも、この青い人を好きになりますかね?
自分がこの青い人に化体してると言っても、彼らは宇宙人で、こう、人間が犬に恋に落ちるくらい無理があるというか・・・
「美女と野獣」は違和感なく見てたんですけどね・・・
これは、その「相手が異星のヒトっぽいけど人間界の尺度ではあまり魅力的には見えない生き物」という風にしか見えなくて、ここ恋落ちるの無理だろーってずっと思ってました。

あと、人間世界は実写、青い人の世界はすべてCG、となってるわけですが、それが、「バーチャルリアリティの中に入っていく」という風にしか見えなくて、全編アニメ、全編CG、とかだったらもっとこの世界観に入り込めたのにな、と思いました。

なんだかどうも、最近のゲームで流れる途中のムービー、って感じが否めず、正直、なぜここまで売れたのかわかりません・・・

公式サイト

Where Am I?

I Heart Hollywood11月, 2010 のアーカイブを表示中です。