“In Plain Sight” 213

2010/04/28 § コメントする

このエピソードでは、保護する証人がレズビアンということで、運悪く違う事件の容疑者となってしまった証人のために、Maryはレズビアンバーに聞き込みに行くんですねー。
で、そこでバーテンダー(もちろん女性かつレズビアン)に話を聞く。
帰り際・・・

バーテン
「ねえ、今度は仕事じゃないときにまた来て」
(Maryの手に自分の手をかぶせる)

Mary
「あー・・・私付き合ってる人いるから」
それに対するバーテンの返しが「私もよ」って!
おいー!
Maryは婚約中なんだぞ!
まーよく考えてみたら、Maryはモテそうだわな、女性に。
なんだろうね、アメリカ人ってなぞの、消防士とか警官とか、ああいうのが「せくしー」みたいなのってあるよね。
(って誰にしゃべってんの)
なので、警察官みたいなお仕事+大股でガツガツ歩く+相手が男だろうが巨漢だろうが容赦しない+筋肉質+背が高い=女性モテ、みたいな。
ところで、Maryは、「マリー」ですか?「メアリー」ですか?「メリー」は・・・Merryですか?

広告

“In plain sight” pilot

2010/04/26 § コメントする

ここで、今回のエピソードでの私の好きなquoteを・・・
Stan: So, did you get her a birthday present? (で、彼女に誕生日プレゼント用意した?)
Marshall: I’m working her case. You don’t think that’s enough? (僕は彼女の事件手伝ってるんで。それって十分じゃないですか?)
Stan: Even you’re not that dumb. (君ですら、それほどバカじゃないのか。)
Marshall: I’m smart enough to know you can’t shop for Mary. What about you? (僕は、Maryが何か買ってあげられるような人ではないとわかってるくらい賢いってことですよ。あなたは?)
Stan: Oh. Well, I just got her a, uh … bottle of really expensive perfume. (あー、うん、俺はその・・・すごく高い香水を買ったよ。)
Marshall: Mary doesn’t wear perfume. (Maryは香水つけませんよ。)
Stan: Yes, she does. (いや、つけるって。)
Marshall: Uh-uh. (いいえ。)
Stan: You sure? I mean, she always smells so good. (本当に?だって、彼女、いつもすごくいい匂いするじゃないか。)
Marshall: That’s just her. (自然体です。)
Stan: Huh. (そうなのか・・・)
だっはっは!
Stanってば、Maryが好きなのねー!!笑

右の人はスタンじゃありません。笑
ふと、weedsのこの人にも似てるなーと思ったり↓

Celia!!
演じるのはElizabeth Perkinsさん。
なんだろ、Mary LouiseとPerkinsさんを足して2で割った感じ?w
最近weeds見てないわ・・・

“In Plain Sight”

2010/04/26 § コメントする


USAネットワークで放送されている、in plain sight。
私の好きなクライムものだったので、見ることに。
いやー好きです、これ。
先日、justifiedというドラマも見始めたのですが、同じくクライムものなのに、全然好きになれなくて、どうしようかと思っていたところだったのです。やはり、主人公がステキ女優さんだと、違うのかなーww
ということで、この主人公Mary Shannon(Mary McCormack)が素敵です!

彼女は、US Marshalの一員で、証人保護プログラムに携わっています。
そこでの、仕事上の問題と、彼女の私生活での問題と、いろいろあって・・・みたいなお話。
役柄としては、カッコイイ。一言に尽きますねー。
男性職員をものともせず、対等に(またはそれ以上に)仕事をこなし、私生活もちょっと男っぽいw
容疑者の取り調べシーンとか、強気すぎて笑えます。
で、ふと、この女優さん、weedsのMary Louise Parkerにもちょっと似てるかしら―とか思ったり。
この唇の薄さと鼻の細さ、顔の長さ、あたり?

そしてこのMcCormackさん、インタビューなんかも見てみたんですが、すごく面白い人で。
コメディアンとしてもいけるんじゃ・・・ぐらいの面白さ。
またこの役とのギャップが面白かったです。

公式サイト

“Up in the Air”

2010/04/01 § コメントする


今年のアカデミー賞作品は、好きなものが多いです。
普段、オスカーものって苦手というか、イマイチで、「うーん・・・私あんまり好きくない」とかって思うことが多く、敬遠してきたのですが、なぜか今年は良い!
考えられる理由1:私も「人間ドラマ」が分かるようになった。てへ。
考えられる理由2:オスカーも大衆向けにシフトしてきた。
ま、どっちでもいいでしょう、良かったですから、これ。
ジョージ・クルーニーの相手がこの人ってところも、なんだかリアリティがあっていい!

って・・・えー・・・マジでー・・・
1973年生まれなの、この人・・・
てっきり43~45歳くらいかと思ってたヨ・・・
見ようによっちゃぁ、ケイト・ブランシェットに見える時もありました、劇中。
お話は、主人公ライアン(ジョージ・クルーニー)は、人を解雇するのにアメリカ中を飛び回る仕事をしていて、1年の8割くらいを出張先で過ごす、と。そこへ、新入りの女の子が「コスト削減のためにビデオチャットで解雇通知をすればいい」と提案したことで、彼はあやうく「飛ぶ」必要がなくなってしまうところにくる。
そこで彼は、その女の子に「解雇の現場はそんな画面を通じて出来るもんじゃないんだよ」ということを教えるために、現場に彼女を連れていくことに。
そんな出張先の1つで出会ったのが、アレックス(写真の女性)。彼女も彼と同じように、全国を飛び回る生活をしていた・・・
で、どのシーンが良かったか、を書いてしまうとネタバレになるので、やめておきまーす。
絶賛公開中。

私 この顔好きかもしんない・・・

2010/04/01 § コメントする

いま見ている、CASTLEの主人公、女刑事のベケットさん。

この顔結構好きだなーと思っていました。
で、この記事書くために、画像検索してたら、アイライン濃いやつ発見!!!

めちゃめちゃイケてるやないの、このしと・・・惚
で、CASTLEが始まったころから思っていたのが、Sarah Clarkeに似てるなーということ。
この人↓

もうお分かりですね、24の最初のシーズンで、犯人だった人です。笑
いま現在の彼女はこんな感じ。↓

いいわ~サラ。
で、サラの画像検索をしていたら、「マルコム・イン・ザ・ミドル」のお母さんにちょっと似てない!?とか思って画像検索。
お母さん↓

ま、お母さんはどーでもいいや。笑
で、もとに戻って、ベケットさん。(女優さんの名前はStanaさん)
ま、ベケットでも、サラでもいいんだけど、私、前からEmily Deschanelが好きだとは公言してました。

あーこれとかイイネ。

ぐふふ。
イヤイヤ、さわやかにこっちね。

で、次に思ったのが、Taylor Shillingさん。

前にもご紹介しました、ドラマ「Mercy」の主人公でございます。
ちょっと雰囲気違うね、これ。

私としましては、この中で一番ツボなのは、Mercyの衣装を着たTaylorです。はい。
ポイントは、、、アゴ?笑(アゴは重要だよー!!!)
あと、輪郭がベース型?
うん、ちょっと今、この辺の顔立ちが好きです。
え・・・輪郭で言ったら、この辺にFamkeも入るんかいな・・・驚
あ!一番のポイントは、アゴというよりも、口の横に肉がない感じですかね!
うんうん、そうだなー私の好きな顔は、そこに肉がない人だわ!
(トップ画像のKateもそうではありませんか!)
よくまとまった、うん。

Where Am I?

I Heart Hollywood4月, 2010 のアーカイブを表示中です。