"Wanted"

2008/08/27 § コメントする

期待が大きかっただけに、なんだか「んー」って感じの作品、ウォンテッド。
第一、この邦題も「ウォンテッド」って間抜けな感じ・・・
そうなんだけどさ、ウォンテッド、なんだけど。。。みたいな。笑
でもやっぱり、アンジーはめちゃくちゃカッコいい。
このシーンはアイメイクが濃いので、かなり好き<3
ま、映画の中でのアンジーの容量(笑)がもっと多いかと思ってたんですが、やっぱり主人公は左の彼なので、アンジーも多く出てはいるものの、やはりなんだか物足りない。w
さえない、ごくごく普通の生活を送っている彼が、実は父親が偉大な暗殺者で、その血を引く者として訓練を受け、いっぱしの暗殺者になる・・・
みたいな話。
なので、彼のトレーニングシーンとかがすごく多い。
ジェイムズ・マカヴォイファンにはたまらない作品かと。
でも、結構グロイです。いちいちの描写が。
あ、R指定でしたか。(いま気付いた。笑)
どうりで。
ストーリー的には、内容が薄いです。
話の先も、読める感じだし。
描写、という点では、映像美は楽しめる作品ではないかと。
カーチェイスのシーンも結構迫力だったし(速すぎて目がついていかない気もしたけどw)、暗殺シーンも結構派手で(「暗殺」なのに。笑)、アクション映画だからストーリーは薄くてもいいのかもしれませんが、純粋にアクション、という点では結構プラス評価です。
9月20日公開。(日本ではR-15指定)
オフィシャルサイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

これは何 ?

I Heart Hollywood で「"Wanted"」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。