the L word 412 "Long Time Coming"

2007/03/29 § 2件のコメント

最近、ヘレナがあまりにもすっとぼけているので、それか、なんとなくタイミングを逃して?キャプチャをさぼってましたが、最終回くらいはやろうかな、と。

あーやっぱ超美人。
おうちも素敵だわ。
マリブかな。

ヘレナのイメージビデオの様ですが。

いつかのシェインのように、このまま海に行ってしまうのかと、少し心配してました。笑

来年も sex slave & servant は無理だわ。
っていうか、今ってやっぱりそれだったのね。
こんなに大量にパクったら、キャサリンはだまっちゃいないと思うんですが。そして、ヘレナ・ピーバディって顔も割れてるんだから、逃げようもないと思うんですが。
どーすんだろ。
で、何よりも、今回、tibetterの私としては、tibetteのシーンが多かったのが良かった!
ベットには、いろんなことをわかってくれる人(ていうかティナ)が必要だと思うんだよね!!
頑張れティナ!ジョディとの仲を取り持ってる場合じゃないぞ!!!
で、唯一気になるのが、ペイジの行方。
あんな感じじゃ、シーズン5にも出て来そうなのに、もう出演はしないんですよね?
どうやってペイジをいなくならせるんだろうか。。。
S5が待ち遠しいなー。

「アイス・プリンセス」

2007/03/23 § コメントする

やっぱりディスニーの映画って平和でいいわー、と思わせてくれる作品。
主人公のケイシーは、物理オタクで、ハーバードを狙うくらい成績も良好。
いわゆる、冴えない真面目な子?です。
そんな子が、こんなに可愛いわけないだろというツッコミは置いといて・・・
得意な物理で奨学金をとるため、自由研究をすることにします。
その対象として選んだのが、フィギュア・スケート。
ケイシーは自宅前に池があり、小さい頃からフィギュアは好きだったんですね。
ってことで、パソコンと数式と物理の理論を用いて、フィギュアを研究。
そんなことからフィギュアの方に情熱も傾いていって・・・ってなお話。
研究が進むにつれ、ケイシーは自分もフィギュアのレッスンを受けたいと思うようになり、レッスンを開始するのですが、そのコーチがキム・キャトラル。
どう見てもサマンサにしか見えません。笑なんででしょうね~。いつfour-letter wordを言ってもおかしくない感じでした。
(ディズニー映画で絶対にありえないけど。w)
で、キムの娘役のこの子。彼女もスケート選手なのですが、いわゆるcool kidで、フィギュアや勉強よりも、パーティーと男の子、って感じです。見覚えあるなーと思った、そこのあなた!
アリーマイラブで、アリーの養子となった、マディー(でしたっけ?)です!!
あぁ、あの頃は可愛かったなぁ、今じゃすっかり、ブロンド×日焼け×がっつりアイラインで、「今時の子」になっちゃって・・・
彼女は最近では、「HEROS」に出てます。治癒能力のある女の子。
最初はケイシーのことを馬鹿にしてたこの子↑も、最後にはケイシーと仲良くなるし、コーチと母親の確執も取れ、ディズニーらしい映画でした。
殺人とか、暴力とか、sexとか、drugとか、そんなんばっかりの映画に疲れたあなたにオススメです。笑

「もしも昨日が選べたら」

2007/03/23 § コメントする

ずっと見たかった映画でしたので、レンタルが開始されて、早速見てみました。
やっぱケイトが可愛い。この映画の中で、彼女は18歳から50歳くらいまでを演じてるのですが、50代の設定のときでも、美しいですねー。というか、今の特殊メイクの技術にびっくり。
映画の内容は、アダム・サンドラー演じる主人公が、仕事に疲れ、何でも自由に操ることの出来る「ユニバーサル・リモコン」を手に入れます。それを使った、ドタバタコメディ?
内容的にも・・・悪くはないけど、キャストのおかげ?アダム・サンドラーだし、ケイトだし。
この腰の辺りのラインがいいんですよね、うん。
あ、そうそう、面白かったのが、ケイトたちが50代になったときの話。
2020年とか?なんですが、アダム・サンドラーが乗っていた車で流れてたラジオのニュースが、「ブリトニー・スピアーズが23人目の子供を産みました。夫のKフェダーラインは、やっと仕事を見つける気になったようです」みたいな感じで。字幕にはフェダーラインの名前は出てなかったんですが、なんかすごくタイムリーで笑えました。あとは「マイケル・ジャクソンがクローンに性的虐待を行ったとして起訴されました」的な。w
やっぱりアダムが面白すぎて、所々爆笑したし、見て損はしません。

Ugly Betty

2007/03/19 § 2件のコメント

主人公のBetty。
・・・ま、確かにuglyと言いたい気持ちはわかるよね、みたいな。
眼鏡に歯列矯正じゃね・・・
そんな感じの外見のベティが、最先端のファッション紙『MODE』で、編集長のアシスタントとして働いてます。そこで起こるドラマを描いたコメディ。
レベッカが出てるんで、シーズンの途中から見始めたのですが、今ではすっかりハマってます。
レベッカも毎週出てるし、最後まで見続けるかも♪
ゲストも豪華なんです。画像がないのが残念なのですが、ジーナ・ガーション(ものすごい強烈なキャラ)や、サルマ・ハエック、先週のエピソードにはルーシー・リュウが出てました。
で、こちらがレベッカの次に気になるキャラ。写真じゃこんなに笑顔ですけど(笑)、かな~り意地悪な役です。
ベティの敵側で、いつもベティにはつらくあたってます。
私がLAに行ったとき、レベッカがゲスト出演するJimmy Kimmel Liveを観覧に行ったのですが、「何の宣伝だろ?」と思っていたら、この「Ugly Betty」の宣伝だったんです。youtubeで見れます。
レベッカの役は、元アレックスの、アレクシスなのですが、トランスジェンダーで、2年前事故にあったときに、死んだと見せかけて、性転換手術を受けてたんですね。
で、トランスジェンダーの話になり・・・ちょっとJimmyはトランスの人たちのことを馬鹿にしてるなってことで、youtubeのコメントでも、彼はサイテーだみたいなコメントが多いですが、でもレベッカは現実でもトランスの友達がいるらしく、すごい理解しているなって感じでした。
で、先週のugly bettyのエピソードでは、アレクシスがトランスだからってことで、ひどい仕打ちを受けるんです。
『MODE』を切り盛りしてるってことで、顔も割れてるので、バーで出会って楽しく良い感じだと思ってた男性が、とんでもない野郎で、アレクシスの電話番号をゲット出来るか賭けてたんです。そして、驚くアレクシスに、「I know exactly who you are. I don’t hit on freaks unless I know I get paid for it.」ughhhhhhhhhhサイテー。
これからアレクシスがどうなっていくか、ダニエルとの関係は?ウィリーはどうすんだ!あの殺人事件は・・・って感じで、毎回、次の回が楽しみなドラマです。

「アンダーワールド2 エボリューション」

2007/03/19 § コメントする

ケイト・ベッキンセール好きなのに、彼女の出演作見てないじゃん!!!
と思って、借りてみました。
(ホントは、「ヴァン・ヘルシング」見たことある。。。んですが忘れてまして)
アクションありの、
美女を危険にさらしてみたりの、
ラブロマンスありの、なんだか、B級(もしくはC級?)映画な感じでした。
とりあえず入れとけ的な。
でも、特典映像を見たら、イギリスの有名な俳優さんたちを起用しているそうで(ケイト以外は知りませんでした)、映像も凝っているし、それなりに力を入れてた映画だったのかと思いました。確かに、映像はリアルでしたよ。CGと実写の区別がつかなかったし、特撮も迫力あったし。
ただ、ストーリーが。。。
でもまぁ、ケイトが出てたから、それだけでいいんです。笑

Miss Match 103 "Something Nervy"

2007/03/19 § コメントする

Miss Match」というドラマに、ゲスト出演したときのレイチェルです。(Rebecca Hanley役)
主人公は弁護士で、そこに離婚の相談に来た夫A。妻であるBに浮気の証拠をつかまれ、婚前契約書を交わしていたために、離婚すると財産は半分ということで、妻に離婚を迫られているから助けてほしいという依頼でした。
で、その夫の浮気相手nannyが、レイチェル♪
もう、劇中でも評価がすごいんです。夫の浮気相手がnanny(乳母・・・っていうと変だけど)だから、みんなは、「えー、nannyと~??」みたいな、趣味悪いわね、的な感じなんですが、そういう発言に対しては夫Aは、「いや、見てくれ、すごいんだから」と。
あだ名が「hot nanny」。笑
登場シーンも素敵☆
キャプチャだと、みんなの反応がうまく取れないのが残念。
この目を見たとき、「レイチェル、キター!」と思いました。笑
このままエレベーターから登場。


「ドナヴァンのケースで来ました、レベッカ・ハンリーです」

席について、夫側の弁護士を見上げるレベッカ。



ちょっと、この髪、重たい気もするけどねん。


the hot nannyと話せて、敵なのに嬉しそうな主人公のボス。

事務所からの帰り、車がトラブって困っちゃうhot nanny。w

そこで出会ったのが、主人公の同僚の右の彼。彼はhot nannyのパワーに負けて、昼間っから飲みに誘っちゃいます。

いや~、この顔で見つめられたら、やばいっしょ。うん。

で、あれよあれよという間に、こんな感じに・・・

「ねえ、一緒に今度バケーションに行かない?」
「そんな、高いんじゃないのか?」
ここでレベッカは衝撃の事実を彼に伝えます。
「実は私の前のボス、彼女の夫と寝るだけで、離婚が成立したら50,000ドルくれるのよ!すごくない!?」
彼女は知らないんですね、彼が弁護士だって。。。

次の日、法廷にて。
彼が敵方の弁護士だと知り・・・
ごめんなさい、奥様(左の金髪)!
実は・・・
チーン。
バカンスもお金もパァです。
そんなこんなで、なかなか素敵な役でした。

Come on Ilene

2007/03/19 § コメントする

OurChart.comで、毎週アップされている、アイリーンのポッドキャストのゲストが、なんと今回はレイチェルでした!まだエピソード見てないのに、こっち先に見ちゃったし。笑
レイチェルって、ヘレナのときもレイチェルのときも、いつも右手の中指に、結構大きめの指輪してますよね。そういう習慣?なんでしょうか。
あと、太めのアイライン&付け睫毛がないと、ちょっと印象違いますよね。
ま、それでも別に好きだけど。w

Where Am I?

I Heart Hollywood3月, 2007 のアーカイブを表示中です。